クイックの購入ならココのお店 | 出し入れ

洋服は棚に収納 食器は引き出しにというのに同感です。収納の基本がわかる本です。同じようにはできませんが!真似をしているところです。

コスパがいい!

2017年04月01日 ランキング上位商品↑

出し入れ クイック飯田久恵の「出し入れ」楽チン!クイック収納術 [ 飯田久恵 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

何をどうすればいいのか!どういう状態にすればラクなのか!など自分なりの答えを見付けられると思います。こういった類の本を買うのは初めてです。確かに洋服は引き出しに入れるから持っている物を把握しにくく棚に収納したら一目瞭然!!我が家は食器は引き出す収納ですが本当取り出すのも楽です。よい本です。私は飯田先生手法についていきます(^^;部屋が片付かないので収納の本はたくさん持っているのですが、これで打ち止めという感じです。(因みに、今、ブログに「捨てる!」というテーマの記事を書いています♪良かったら遊びに来てください。全部は無理でも少しずつ綺麗にしたいです。この本には、私が以前からずっと思っていることがすべて書かれていて、感動しました(私が書けば良かったと思った!笑)因みに、あくまでも初心者のための収納術なので、インテリア上級者さんには不要な本です。もう片付いている(物が少ない)お宅には新鮮さは無いかもしれません。)フルカラーで実例も写真で載っていて見ているだけでも参考になりました。。子供と物を置く場所を考えるのは大変ですが、いざ決まると本当にお片付けしてくれるようになりました。飯田さんの理論はもう覚えましたが(笑)「これ、どこにしまおう?」と思ったときに見返します。歩数+アクション数=収納指数って考え方ではっとしました。なかなか片付けられないんですよね〜。各場所によって細かく実例が載っています。洋服は引き出しに 食器は棚というのが収納ストレスを生む原因というのに案外まだ気づかれていない方が多いと思いますがそれを知ったらこんなに楽にとびっくりすると思います。私はこれでまず部屋をきれいにしてから次のステップに行こうと思います。写真や簡潔な文章で書かれているので!収納下手な私にはよく分かりました。私自身「キレイに見える事・隠す収納」にこだわりすぎて!結果片付けにくい収納になっていたと気付きました。写真で細かく事例を見せているので大変わかりやすいです。その中で気づいた事。写真つきで分かりやすいです。いわゆるホテルのような収納ではなく普通の家庭で出来る方法を要点をついた説明と写真とで解説してあります。図書館で飯田久恵さんの本はすべて借りて読みましたが、この本が一番わかりやすくて良かったので、我が家のバイブルに購入しました。片づけが苦手な人のための最初の一冊としておすすめします。とにかくこの本に沿って実行していけばどの部屋もどんな箇所も片付きます。片付けや収納が不得意な人向けかもしれません。役立つところもあるけど、見た目の感じはあまり好みではないかな〜という感じです。本にも書かれているように、本来あるべき場所に収納場所をつくると、不思議とそこへ戻そうとしますし、子供のおもちゃも散乱しにくくなりました。収納グッズも紹介されているので、発行元に問い合わせしたりして同じものを数種類購入してみました。ものすごい汚くはないけど、なんとなく部屋がごちゃついてしまう、、と悩んでいる人にはオススメできるかと思います。購入して以来、何回も読み返しています。私は収納にはちょっとこだわりがあります。■■■もともとアトピー持ちなので!掃除と収納にはかなり気を使っています。画像も現実的で見やすいです。部屋にはなるべく必要最小限の家具しか置かず!収納スペースで片付けたいタイプなので この本は役に立っています。新生活・引越しのプレゼントやお子さんの自由研究課題にもオススメです。部屋別の片づけ方が書いてあります。あくまでも主婦用でインテリア系ではないのでおしゃれな見せる収納が見たい人は向いていません。片付けの本、何冊も買ったって散らかすだけだと思い、こちらの本のみを参考にしています。しかし!片づけが下手・すぐに散らかる・整理整頓に悩んでいる方には力強いバイブルになってくれます。まだまだ実践初期段階なので、工夫や改善は必要ですが・・・少しずつ、頭と身体と必要経費(棚など)を使って気持ちの良いお家を作っていきたいと思います。劇的なアイデアなどはありませんが 基本 この収納方法でお部屋はすっきりすると思います。私はこんまり先生の本と一緒に買ったのですが、こんまり先生を読んでから、これを見たら、結構ためになりました。女性の作者にありがちな感情的というか雰囲気で書いている感じがなく!いかに合理的に収納するか!を追及してあり!非常に参考になりました。以前図書館で借りたのですが、手元において何度も読み返したいと思って購入しました。整理整頓が苦手で、いろいろな方の整理本を読みましたが、「出しやすさ、使いやすさ」を重視した飯田さんの理論が一番シックリきました。収納の目的を「出し入れ楽チン」に絞る!!『モノが片付く5つのステップ=モノを持つ基準を自覚する→いらないモノを取り除く→置き場所を決める→入れ方を決める→快適収納の維持管理』をもとに『棚・引き出し・吊るす』という簡単な方法で『短時間で片付けやすい収納』を実現する実践的指南書です。(お掃除しやすい環境作りという観点で)「収納と片づけることとは意味が違う」ということに気がつけば、収納はどんどん上手になると思います。モノが見えない収納にあこがれていましたが!生活に必要なベビー用品〜介護用品!犬猫魚用品と・・・モノがあふれる我が家は隠してしまったら家族が混乱(涙)この本は!おしゃれでもなく!奇抜さも無いですが!基本に返って生活をしやすくする視点で我が家にはぴったりでした。私はあまりこういった生活分野の本を読んだことがなかったので収納関係の本としては基本的なこと!あたりまえのことが書いてあるのかもしれませんが!その基本的な考え方を理解することが一番大事だと思いますので!そういった考えの人にお勧めします実際!この本を参考にキッチン収納を見直したところ!作業の動線の無駄がなくなり!効率がアップしました。マイホーム新築のため、ポイント消化のため、レビューがよかったので購入。なるべく家の中に無駄な物は無いように買ったら捨てるを繰り返してはいますが なかなかすっきりしないクローゼットや押し入れ収納のヒントになればと購入しました。ただ!この本は!捨ててすっきりさせようと言うよりは!上手に収めてしまおうというかたむきだと思います。内容はというと格別特別なことはないのですが今まで「片付かないなぁ〜」と漠然と悩んでいたものが具体化されたような気がします。一番見やすく収納も楽。とても共感する本でした。片付けの苦手で無駄遣いが多い方にはお勧めの本だと思います。普段片付け上手な人がより良い収納方法を知るために読むより!片付けできない人が「どうしたらいいかな」とヘルプ的に読んだらいい本です(笑)非常に論理的にわかりやすく書いてあります。物が増えても 新しい家具は買わず 収納スペースで何とかならなければ捨てる!!が 私のモットーです。高度なテクニックやインテリア性や新兵器的道具を求める方には分かりきった物足りない内容でしょう。他の場所に関しても 細かく基本的な収納方法が書かれているので 親切で丁寧だと思います。整理整頓が苦手な方!引越しや家の新築をを控えている方!新米主婦さんにオススメしたいです。全191頁オールカラー写真で部屋別モノ別に収納の手順・ポイント・コツが一目瞭然に説明されています。